スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ラッピングはどうされますか
今日はダークで真面目な(?)話なので、

RSに関するネタをお待ちの方は見ないこと推薦ですよw

((ヾ(。・ω・)ノ☆゚+.ゴメンネー
バイト先の店長に関わる話なんですが。

店長曰く、P/A(パート/アルバイト)とは友達みたいな感じにならなければならない。

っと言われました。


ここまでは私も全然同意ですよ。


出 喪 根 っ!!(デモネ)


友達同士のかるぃじゃれ合いなら判るんですが、
休憩中だからといって、仲良くなったといって、冗談だからといって、


死んでしまえっ!


っと発言するのはどうでしょうか!?

言葉を文に直しただけでは感情が見えないため、リアルでの受けた印象は、この文面よりきつくないです。
笑って過ごしましたけど。
しかし、


喩え友達だからといって、



と、いう言葉を無下に使うのは私は好ましくありません。
ましてや、店全体を任せられた『店長』という肩書きを持っているのです。

私たちP/Aと店長の違いはたくさんあると思いますが、
その中でも『責任』の重さは他とは比べ物にならないほど重いはずです。
なぜ店長という座を受け持ったのか。
なぜ店長になったからには、それに賄う責任を背負必要があるのか。
全国で店を出すチェーンの一頭を任せられたのならばもう一度考えて欲しい。


店長は社長から店を任せられています。
店長の仕事の一つに、部下(つまり私たちP/Aなど)との良い関係を持つ。というのもあると社長自身の言葉で私は聞きました。


発言を受け取る相手がどんな心境かを酌んで言葉を選ぶのも
友達として必要な事だと思います。
常に察する、などは不可能だと思いますが、
死、とは身近な事だという認識を持ってもらいたい、と思いました。









ようするにバイト初めて1月してないのに、
既に店長に幻滅したということです(*´ω`)

次使われたら本気で抗議します。
たとえ、私が正しく無いとしても
スポンサーサイト

テーマ:就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報 - ジャンル:就職・お仕事

【2007/11/19 01:52】 | RSのお話し | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<会心の出来心 | ホーム | 小人の村>>
コメント
前にニュースでみたんですが。
街頭で小学生のアンケートとかなんかで
一度死んでも生き返られると本気で思ってる子が
多数いたということがやってました。
そんな感覚は信じられないんですが、
ゲームとかやってて、「倒せ」とか「死んだ」とか思ってしまう環境や
店長さんのようにリアルで言葉に出してしまう大人にも原因があるんでしょうね。
【2007/11/19 10:30】 URL | 餅とん #GsbZZxQM[ 編集] | page top↑
怖いですね・・・
私もその話聞いたことあります。
ゲーム技術などが、現実と間違えるほどに発達した事は、良い事だ。と、一概には言えないですよね。
技術の発展が時に恐ろしく感じます;
【2007/11/19 13:58】 URL | おねぇ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://masarusanndayo2.blog80.fc2.com/tb.php/112-0a853d77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。